1. 会社概要

  2. グループ会社

  3. 受賞歴

  4. SDGsの取り組みについて

  1. ハウスコムの「不動産賃貸サービス業」~お客様との3つの接点~

  2. 2015年に業界でいち早く不動産テックを導入

  3. DXの加速~レガシーシステムからDX時代への転換~

  4. サービス紹介

  1. 代表メッセージ

  2. ビジョン・ミッション・バリュー

  3. 私たちのバリュー

  4. 成功の鍵

  5. ハウスコムのあるべき姿

  1. ハウスコムの働き方革命

  2. ワークライフハーモニー

  3. 多様性は共創を生む

  4. くるみん認定取得

  5. 研修制度

  6. 様々なプロジェクト

  7. キャリアアップ制度/ドリームチーム制

  8. ハウジングアドバイザーのお仕事内容

  1. 【2022年入社 国立店 営業 大日方悠奈】ハウスコムで、いろんな考えの人と働けることが楽…

  2. 【2022年入社 千葉中央店 営業 遊佐彩音】面接は「企業が学生を選ぶ時間」でもあり、「学…

  3. 【2022年 市川店 営業 三木ちず】観光業と不動産業は「地域密接」という面で似ていません…

  4. 【2022年入社 所沢店 営業 豊嶋柊】いろんな人と関わって多くの価値観を学べる

  5. 【2022年入社 星ヶ丘店 営業 大下侑輝】就活をエンジョイする気持ちで取り組めば、自分の…

  6. 【2022年入社 立川店 営業 戸嶋いちご】就活では「私の武器を生かせるか」を軸にしていた…

  7. 【2022年入社 船橋店 営業 島本愛佳】私にとって「普通」でもお客様にとっては「普通では…

  8. 【2022年入社 藤が丘店 営業 本田梓恩】ハウスコムの面接は、気軽に話せて柔らかい雰囲気…

  9. 【2022年入社 三軒茶屋店 営業 山元圭】面白い人たちが集まるハウスコム三軒茶屋店!たぶ…

  10. 【2022年入社 春日部店 営業 足立紗希】全力で仕事して全力で遊べるような仕事を探してい…

  11. 【2022年入社 日吉店 営業 小柳葉純】一度はマイナスのイメージを持った不動産、エントリ…

  12. 【2022年入社 静岡草薙店 営業 井出大】昔ながらの不動産のイメージが残っている会社には…

  1. 【2022年入社 国立店 営業 大日方悠奈】ハウスコムで、いろんな考えの人と働けることが楽…

  2. 【2022年入社 千葉中央店 営業 遊佐彩音】面接は「企業が学生を選ぶ時間」でもあり、「学…

  3. 培った経験を糧に「ライフスタイルデザイナー」としてお客様とオーナー様に寄り添う

  4. 【2022年 市川店 営業 三木ちず】観光業と不動産業は「地域密接」という面で似ていません…

  5. 【2022年入社 所沢店 営業 豊嶋柊】いろんな人と関わって多くの価値観を学べる

  6. 【2022年入社 星ヶ丘店 営業 大下侑輝】就活をエンジョイする気持ちで取り組めば、自分の…

  7. 【2022年入社 立川店 営業 戸嶋いちご】就活では「私の武器を生かせるか」を軸にしていた…

  8. 【2022年入社 船橋店 営業 島本愛佳】私にとって「普通」でもお客様にとっては「普通では…

  9. 【2022年入社 藤が丘店 営業 本田梓恩】ハウスコムの面接は、気軽に話せて柔らかい雰囲気…

  10. 「住まいを通じて人を幸せにする会社」それぞれの志を胸に切磋琢磨した1年間

  11. 【2022年入社 三軒茶屋店 営業 山元圭】面白い人たちが集まるハウスコム三軒茶屋店!たぶ…

  12. 【2022年入社 春日部店 営業 足立紗希】全力で仕事して全力で遊べるような仕事を探してい…

テクノロジー

不動産業界のファーストペンギンとして、最新のテクノロジーを積極的に導入。

ハウスコムは「オンラインお部屋さがし」の先駆者として、不動産DXサービスを積極的に導入・展開しています。

2015年より、「オンライン内見」をスタートさせ、2017年に国土交通省より運用開始となった賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明(「IT重説」)も積極的に実施しています。

これに加えて、契約書の電子化や顧客のデータ分析など、不動産業界のファーストペンギンとして、生産性を上げるための、様々なテクノロジーを積極的に導入しています。

パソコンの処理速度は18ヶ月ごとに2倍になっていくと言われますが、今回のコロナ禍で不動産業界のテクノロジー化は一気に進みました。

世の中では、人工知能が人間の仕事を奪うという話ばかりが話題に上がりますが、仕事のどういった部分を人工知能に任せたら、もっと、新しく創造的な仕事ができるかを考えていかなければなりません。

20世紀における最も重要な経済学者、ジョン・メイナード・ケインズは1930年に書いた「わが孫たちの経済的可能性」というエッセイの中で、将来、ロボットやテクノロジーの急激な発達により、2030年には人々は週に15時間働くだけで(1日3時間程度)、生活基準を維持できるようになると書いています。

もう「24時間働けますか?」の時代は終わりました。テクノロジーは24時間休むことなく働けますが、人間は疲れる身体、飽きる感性を持ち合わせているからこそ、自分は人生というものを通じて、どういった仕事をすべきかを考えます。

テクノロジーの変化がもの凄いスピードで進んでいくのであれば、変化に取り残されない唯一の方法は、テクノロジーよりも速いスピードで私たちが変化し続けることでしょう。

むしろ、ハウスコムがテクノロジーに積極的に投資し続けているからこそ、ハウスコムの社員は常に変化し続けることが求められるのです。仕事や企業の本質を変えず、テクノロジーを最大限活用することで、お客様へ提供する価値をどうアップデートしていけるかを常に考えています。

これからも、ハウスコムは不動産DXサービスを積極的に導入・展開し続け、ハウスコムにしかできない仕事を新しくどんどん作り出していきます。