1. 会社概要

  2. グループ会社

  3. 受賞歴

  4. SDGsの取り組みについて

  1. ハウスコムの「不動産賃貸サービス業」~お客様との3つの接点~

  2. 2015年に業界でいち早く不動産テックを導入

  3. DXの加速~レガシーシステムからDX時代への転換~

  4. サービス紹介

  1. 代表メッセージ

  2. ビジョン・ミッション・バリュー

  3. 私たちのバリュー

  4. 成功の鍵

  5. ハウスコムのあるべき姿

  1. ハウスコムの働き方革命

  2. ワークライフハーモニー

  3. 多様性は共創を生む

  4. くるみん認定取得

  5. 研修制度

  6. 様々なプロジェクト

  7. キャリアアップ制度/ドリームチーム制

  8. ハウジングアドバイザーのお仕事内容

  1. 新しい部屋を紹介するのではなく、新しいライフスタイルを紹介する。

  2. 不動産業界のファーストペンギンとして、最新のテクノロジーを積極的に導入。

  3. 「真剣に遊ぶこと」は「真剣に仕事をする」ということよりも何倍も難しい。

  4. 正しいことをしなければ、成功できなくなる。

  5. 禁煙への取り組み

  6. 多様性はハウスコムが一番大切にしている文化

  7. 湘南台店 鈴木満理奈さん「心が動き、温かく続くコミュニケーションを紡いでいきたい。」

  8. 会社は働く場所から、従業員が人生がやりたい事を支援する「器」になっていく。

  9. 2019年入社新卒レポート – 立川店 村木 彩(むらき あや)さん

  10. 2019年入社新卒レポート – 金沢文庫店 目時 滉太(めとき こうた)さん

  11. 2019年入社新卒レポート – 相模原店 平原 匠真(ひらはら しょうま)さん

  12. 2019年入社新卒レポート – 吉祥寺店 李 美和(り みわ)さん

ライフスタイル

新しい部屋を紹介するのではなく、新しいライフスタイルを紹介する。

ハウスコムでは営業の仕事のことを「ライフスタイル・デザイナー」と呼んでいます。オンライン上に情報が溢れるまでは、お客様の要望にあった部屋を探すために、営業という仕事が必ず必要でした。

もちろん、現在でも営業という仕事を必要としているお客様は多くいますが、スマホ一台であらゆる情報にアクセスできる時代では、営業の助けを借りなくても、お客様自身でお部屋探しを完結できるようになっていきます。

しかし、お客様は、どんな部屋に住みたいかは分かっていても、そのお部屋がある地域で、どんなライフスタイルが送れるかまでは想像できていません。

従って、これからの賃貸営業の仕事というものは、新しい部屋を紹介するのではなく、新しいライフスタイルを紹介するという仕事にシフトしていかなければならないのです。

ライフスタイル・デザイナーの仕事は、お客様の理想のライフスタイルをヒアリングすることも大切ですが、それ以上にライフスタイル・デザイナー自身が地域に根付いた生活を意識し、地域の情報を常に吸い上げる存在になっていなければなりません。

アフターコロナの世界で、お客様が住む場所を選ぶ基準は、電車の乗り継ぎの良さや大きなスーパーが近くにあるかということではありません。

リモートワークが浸透した世の中では、生活スタイルが多様化し、「大手町に勤務しながら週末は農家をやりたい。」、「品川と鎌倉の二拠点生活をしたい」などといったライフスタイルが軸となった部屋探しがどんどん増えてきます。

ハウスコムは「オンラインお部屋さがし」の先駆者として、不動産DXサービスを積極的に導入・展開しています。

最新のテクノロジーを積極的に活用することで、仕事の生産性は劇的にアップし、その自らつくりだした新しい時間で、まずはライフスタイル・デザイナー本人が地域のライフスタイルを体験する必要があります。

自分自身が好きと思えない地域を、お客様に好きと思ってもらうことはできません。

ライフスタイル・デザイナーの仕事は、部屋を知ることではなく、地域を知ることから始まります。

まずは、自分自身が地域のライフスタイルを存分に満喫してみて下さい。