1. 会社概要

  2. グループ会社

  3. 受賞歴

  4. SDGsの取り組みについて

  1. ハウスコムの「不動産賃貸サービス業」~お客様との3つの接点~

  2. 2015年に業界でいち早く不動産テックを導入

  3. DXの加速~レガシーシステムからDX時代への転換~

  4. サービス紹介

  1. 代表メッセージ

  2. ビジョン・ミッション・バリュー

  3. 私たちのバリュー

  4. 成功の鍵

  5. ハウスコムのあるべき姿

  1. ハウスコムの働き方革命

  2. ワークライフハーモニー

  3. 多様性は共創を生む

  4. くるみん認定取得

  5. 研修制度

  6. 様々なプロジェクト

  7. キャリアアップ制度/ドリームチーム制

  8. ハウジングアドバイザーのお仕事内容

  1. 【2022年入社 国立店 営業 大日方悠奈】ハウスコムで、いろんな考えの人と働けることが楽…

  2. 【2022年入社 千葉中央店 営業 遊佐彩音】面接は「企業が学生を選ぶ時間」でもあり、「学…

  3. 【2022年 市川店 営業 三木ちず】観光業と不動産業は「地域密接」という面で似ていません…

  4. 【2022年入社 所沢店 営業 豊嶋柊】いろんな人と関わって多くの価値観を学べる

  5. 【2022年入社 星ヶ丘店 営業 大下侑輝】就活をエンジョイする気持ちで取り組めば、自分の…

  6. 【2022年入社 立川店 営業 戸嶋いちご】就活では「私の武器を生かせるか」を軸にしていた…

  7. 【2022年入社 船橋店 営業 島本愛佳】私にとって「普通」でもお客様にとっては「普通では…

  8. 【2022年入社 藤が丘店 営業 本田梓恩】ハウスコムの面接は、気軽に話せて柔らかい雰囲気…

  9. 【2022年入社 三軒茶屋店 営業 山元圭】面白い人たちが集まるハウスコム三軒茶屋店!たぶ…

  10. 【2022年入社 春日部店 営業 足立紗希】全力で仕事して全力で遊べるような仕事を探してい…

  11. 【2022年入社 日吉店 営業 小柳葉純】一度はマイナスのイメージを持った不動産、エントリ…

  12. 【2022年入社 静岡草薙店 営業 井出大】昔ながらの不動産のイメージが残っている会社には…

  1. 【2022年入社 国立店 営業 大日方悠奈】ハウスコムで、いろんな考えの人と働けることが楽…

  2. 【2022年入社 千葉中央店 営業 遊佐彩音】面接は「企業が学生を選ぶ時間」でもあり、「学…

  3. 培った経験を糧に「ライフスタイルデザイナー」としてお客様とオーナー様に寄り添う

  4. 【2022年 市川店 営業 三木ちず】観光業と不動産業は「地域密接」という面で似ていません…

  5. 【2022年入社 所沢店 営業 豊嶋柊】いろんな人と関わって多くの価値観を学べる

  6. 【2022年入社 星ヶ丘店 営業 大下侑輝】就活をエンジョイする気持ちで取り組めば、自分の…

  7. 【2022年入社 立川店 営業 戸嶋いちご】就活では「私の武器を生かせるか」を軸にしていた…

  8. 【2022年入社 船橋店 営業 島本愛佳】私にとって「普通」でもお客様にとっては「普通では…

  9. 【2022年入社 藤が丘店 営業 本田梓恩】ハウスコムの面接は、気軽に話せて柔らかい雰囲気…

  10. 「住まいを通じて人を幸せにする会社」それぞれの志を胸に切磋琢磨した1年間

  11. 【2022年入社 三軒茶屋店 営業 山元圭】面白い人たちが集まるハウスコム三軒茶屋店!たぶ…

  12. 【2022年入社 春日部店 営業 足立紗希】全力で仕事して全力で遊べるような仕事を探してい…

ライフスタイル

新しい部屋を紹介するのではなく、新しいライフスタイルを紹介する。

ハウスコムでは営業の仕事のことを「ライフスタイル・デザイナー」と呼んでいます。オンライン上に情報が溢れるまでは、お客様の要望にあった部屋を探すために、営業という仕事が必ず必要でした。

もちろん、現在でも営業という仕事を必要としているお客様は多くいますが、スマホ一台であらゆる情報にアクセスできる時代では、営業の助けを借りなくても、お客様自身でお部屋探しを完結できるようになっていきます。

しかし、お客様は、どんな部屋に住みたいかは分かっていても、そのお部屋がある地域で、どんなライフスタイルが送れるかまでは想像できていません。

従って、これからの賃貸営業の仕事というものは、新しい部屋を紹介するのではなく、新しいライフスタイルを紹介するという仕事にシフトしていかなければならないのです。

ライフスタイル・デザイナーの仕事は、お客様の理想のライフスタイルをヒアリングすることも大切ですが、それ以上にライフスタイル・デザイナー自身が地域に根付いた生活を意識し、地域の情報を常に吸い上げる存在になっていなければなりません。

アフターコロナの世界で、お客様が住む場所を選ぶ基準は、電車の乗り継ぎの良さや大きなスーパーが近くにあるかということではありません。

リモートワークが浸透した世の中では、生活スタイルが多様化し、「大手町に勤務しながら週末は農家をやりたい。」、「品川と鎌倉の二拠点生活をしたい」などといったライフスタイルが軸となった部屋探しがどんどん増えてきます。

ハウスコムは「オンラインお部屋さがし」の先駆者として、不動産DXサービスを積極的に導入・展開しています。

最新のテクノロジーを積極的に活用することで、仕事の生産性は劇的にアップし、その自らつくりだした新しい時間で、まずはライフスタイル・デザイナー本人が地域のライフスタイルを体験する必要があります。

自分自身が好きと思えない地域を、お客様に好きと思ってもらうことはできません。

ライフスタイル・デザイナーの仕事は、部屋を知ることではなく、地域を知ることから始まります。

まずは、自分自身が地域のライフスタイルを存分に満喫してみて下さい。