2019年入社新卒レポート – 津田沼店 鎌田 美保(かまた みほ)さん

〇毎日電話が鳴り止みません

 

 私が配属された津田沼店は、毎日電話が鳴り止みません。お客様、業者の方等が様々です。正直、電話の数も7台では足りないのではないかと思うくらいです。週末になると直接ご来店されるお客様がたくさんいらっしゃいます。週末の夕方は、店長、CSの方、新卒含め8名全員出勤しており、全員応対中ということもあるくらい充実しているお店です。業者の方も、早口で聞き慣れない単語を述べられて全然聞き取れないこともあります。応対時に右も左もわからないまま、お客様の要望を聞き、物件を紹介していくのが怖くてたまりませんでした。ですが、津田沼店に来てくださるお客様は本当に優しく、リピーターの方や若い方も多いので、津田沼駅周辺のごはん屋さんなどお客様に伺うこともあります。電話でのお部屋確認でも、大家様も皆さん本当に優しいです。お会いしてもやはり優しく、お客様、大家様双方に支えられています。

〇サイボーグと津田沼について

毎日せわしなく働いている店長、CSの方、主任の皆さんは、皆さんサイボーグかと思います。忙しくてやる事もたくさんあるのに、皆さん本当に優しくて、契約のこと、お部屋のこと1つひとつ全て丁寧に教えてくれます。感謝してもしきれないです。
 サイボーグのような主任達しかいない津田沼店がある津田沼駅北口は商業施設が並び、JR津田沼駅から新京成線新津田沼駅までの道に津田沼店があります。その道は人が多く途切れなく歩いているので人波に飲まれ自転車は漕げません。駅から10分ほど歩くと徐々に住宅が増え、坂も増えてきます。車で物件確認に行くと、大通りは踏切待ちの渋滞に飲まれ動けなくなります。一本入ると幅員が狭く対向車が来たら、逃げ場がありません。なので、北口周辺を物件確認する際や駅から歩ける距離の案内をする際は、徒歩か自転車を使います。
 大きく変わり、津田沼駅南口には駅前に千葉工業大学があり、北口に比べ少し落ち着いています。奏の杜エリアは南口にあり、1つの街として存在しています。コンクリート打ちっ放しのお部屋が多くあり、外観はクリーム色のお部屋が多いと感じています。心なしか住んでいる方が全員富裕層に見えます。
ひとりひとりが常にお客様のために、お店のために、協力して働いている素敵な環境に配属され、とても嬉しく思います。本当に津田沼店に配属され恵まれていると痛感しています。


鎌田 美保(かまた みほ)さん
2019年入社
帝京大学卒業
津田沼店 ハウジングアドバイザー

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2019/11/01

2020年 会社説明会 準備中

2019/06/30

2019年入社新卒レポート – 松戸店 鈴木 葵(すずき あおい)さん

2019/06/30

2019年入社新卒レポート – 大曽根店 桂川 浩平(かつらがわ こうへい)さん