「『住まいを通して人を幸せにする』お部屋探し」西船橋店 ハウジングアドバイザー 成田 智矢さん 新卒2016年入社

西船橋店で活躍される、新卒入社4年目の成田さん。入社当初に心がけていたことや、その上で今の仕事で大切にしていることについてお話をお聞きしました。

店舗に配属になった当初、どんなことを考えられていましたか?

当然のことですが、営業技術の差、物件知識の差、仕事の効率面での差など、至る所で先輩スタッフとの差を感じました。

普段から先輩スタッフの応対を見て学んだり、アドバイスをもらったり、できることは行ってきましたが、なかなか最初は上手くいかないことばかりでした。

経験を積まないとどうしようもできないことばかりなので、一日一日の短い時間の中で濃い経験ができるかどうか、毎日意識していました。 

主任に上がったり、入社3年目になって変化したと感じることはありますか?

特に変化は感じませんが、自分の中の意識は変わったと思います。

例えば運用変更や新サービスなどの社内のお知らせは、より当事者意識を持って、しっかり確認するようになりました。

人に任せきりにするではなくて、まず自分が把握していなければと思うようになりましたね。

仕事の上で大切にしていることを教えて下さい。

利益を上げることはもちろん大切ですが、お客様に納得していただけるお部屋探しかどうか、ということを大切にしています。

迷いや不安がある段階で、無理にお申し込みをいただいても、結局キャンセルになってしまったり、トラブルに発展してしまったりと良い形で終わることはありません。

お部屋についても、引っ越しの時期についても、納得していただけて初めて申し込みをいただき、当社のミッションである「住まいを通して人を幸せにする」お部屋探しになるよう意識し続けたいと思います。

取材後期

入社2年目の夏に主任昇格された成田さんですが、主任に上がるタイミングで今の奥様と入籍されることを決めていたそう。

忙しい時期はなかなか奥様との時間をとれないこともあるけれど、自分がどんな気持ちで仕事に臨んでいるかを理解して、支えとなってくれる大切な存在だとお話されていました。


成田 智矢さん
2016年入社
帝京大学卒業
 西船橋店 ハウジングアドバイザー

 

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/07/17

※7/17更新※【お知らせ】2021年卒業 新卒採用の募集について

2020/07/16

第23期 経営計画発表説明会 – デジタルとリアルの垣根を越えていく革新時代

2020/06/24

【お知らせ】PRコラムページ開設