町田駅前店 岩井 ななせさん「キラキラ仮面は必要なくなり、素直な意欲が芽生えています!」

2020年4月入社 町田駅前店 岩井 ななせさん

ハウスコムは「がんばりたい気持ち」を思い出させてくれました

就活は、やりたいことが決まっていない状態で始めました。

小さな頃から受験勉強がゴールだったので、燃え尽きてしまっていたところもあって、最初は、自分がどうなりたいのか分かりませんでした。

周りは、就活にすごくやる気をだしていて、皆と同じように、やる気を出せない自分に落ち込んでいました。

キラキラとした希望を持っている、という仮面を被らなければいけないギャップもきつかったですね。

自動車、コンクリートなど色々なメーカーを見ましたが、ハウスコムは、企業説明会で見たときに、いちばん働きやすそうな会社だと感じました。

法学部なので、不動産なら、学んだ知識も活かせるかもしれない、とも思いました。

面談が進むにつれて、評価されていることも嬉しく感じるようになっていって、そして、だんだんと働くことへのモチベーションも上がり始めました。

意欲を持っている社員の方のことをたくさん知り、「成長」などのワードを聞くにつれて、私もまた一から頑張りたいな、という気持ちが再燃。

内定をもらったときには、すぐハウスコムへの入社を決めました。

オンライン研修で、会ったことがないのに親近感?

オンライン研修は、自由な時間が多いので合間に勉強ができました。

始業時間は店舗と同じで、朝礼して、業務内容説明、勉強の時間、という流れです。

皆さんのお部屋がみえちゃうので、会ったことがないのに親近感も感じました(笑)

名古屋など遠方の方と話す機会もあり、楽しかったです。

事務職も、お客さまとお話しします。

配属された町田という街は、予備校に通っていたので懐かしい気持ちがしました。

店舗の皆さんは優しく、年の近い方も多いので質問をしやすい環境です。

内定してから一年間、本社の経理財務部でインターンをしていて会社の雰囲気は知っていたので、入社後にギャップを感じることはありませんでした。

町田店の事務職はわたし一人で、仕事が何でもできる店長に教えてもらっています。

ただ、事務がいない店舗もあるので、トレーナーさんが週1回くらい定期的に周って来てくださって、指導してくれます。

黙々と仕事をするのが好きなこともあって事務職を希望しましたが、営業事務なので、社内コミュニケーションだけではなく、お客さまの初期対応などは担当するんですよ。

多様性を受け入れてくれる環境です。

会社に入ってから、いい意味でリラックスして気負わずに働けていると思います。

昔は、頭がかたくて視野が狭かったんです。でも今は、一度考えてから動けるようになりました。

ハウスコムには、同期も含めて色々な人がいて、多様性を受け入れてくれる雰囲気があるせいかなと思います。

社員のことを知ろうとしてくださっている感じも伝わってきますし、社長も積極的にコミュニケーションをとってくださります。

寛容な雰囲気がありますね。

苦手なことは克服したい!これがわたしのモチベーション

苦手なことを克服したい性分です。

中学生のときは、音楽が苦手だったので吹奏楽部を選び、高校時代は体力をつけたくて陸上ホッケー部に入りました。

そして、高校時代は、ほとんど人と関わらずに過ごしてしまったので、その分、大学時代は接客業をたくさん経験しました。

今は、人の気持ちを感じとることが苦手だと気がついたので、克服したいと思っています。

人をよく観察して、その人が今どうしてほしいのかを汲み取れるようになりたい。

他の人にしてもらって嬉しかったことを自分でもやってみたり、人を見て学びながら、働きやすい環境を作るにはどうしたらいいかを考えていきたいです。

先輩方は、自分が何かしていても、周りの人が何をしているのか、常に把握してくださっているんです。

自分もいつかできるようになれると嬉しいですね。

働くモチベーションが上がり、身に付けたいこともどんどん増えて、成長していきたいという意欲が強くなってきています。

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/09/21

和光店 甄 蒙蒙(ケンモウモウ)さん「心をひらいてもらえるお部屋さがし、信頼される営業を目指したい!」

2020/09/14

中央林間店 池光 桜さん「色々な暮らし、街の顔、私の内面。未知の領域を日々探求中です!」

2020/09/10

浦安店 渡邉真人さん「社長になりたい理由は?厳しく指導してくれる浦安店で、まず成長!」