2019年入社新卒レポート – 国立店 宮川 昌子(みやがわ まさこ)さん

 

〇全国で4番目

 

国立市の面積はわずか8.15km?で全国で4番目に小さい市です。国立駅から北側に5分も歩けば国分寺市、西側に20分も歩けば立川市に入る非常にコンパクトな街です。そのため国立に住む大家さんが買い物帰りに国立店に直接立ち寄ったり、なにかあればすぐに大家さんのもとに駆け付け直接お話をすることができ、国立店は大家さんとの距離が近い店舗だという印象を強く受けました。店舗スタッフの方々も国立のことを熟知しているため、お部屋探しをされるお客様に対して最適な住まいを提案することはもちろん、国立のお勧めの飲食店や施設を雑談に混ぜたりと国立に強みをもつ店舗だからこそできる提案だと感じました。

〇大家さんから教えて頂く

私自身、入社前は何度も中央線を使う機会がありましたが、国立駅を降りたことは無いに等しかったです。しかしそれは娯楽を目的としていたためで国立に住むといった視点では非常に住みやすい街だということに気づかされました。国立のメインストリートである大学通りは、国立駅から南に向かってまっすぐ伸びており道も広いため安心して通行できます。南口の駅前には西友、紀伊国屋などをはじめとするスーパーもそろっていて生活のし易さを感じることができます。近くには一橋大学があり、学生のお部屋探しをする機会も多いことも特徴です。上京された学生に対して大家さんが近くに住む物件を紹介し、一人暮らしをするお子さんを持つ親御さん方の心配を少しでも取り除けるのは、自社の物件を多く持つ国立店の強みだと感じました。
国立店に配属されて1ヶ月ほど経ちましたが、物確と家主訪問をメーンに取り組みました。物確ではどういたった人に紹介をしたら最適か、お部屋の中身もそうですが周辺環境にも視点を向けて行ってきました。家主訪問では自分よりも国立のことを詳しく知っている大家さんから国立の魅力や雰囲気を聞くことも今後の自分の業務に活かせと思い行ってきました。今後も地道な作業でも一つ一つ着実に行い成長していきたいと思います。


宮川 昌子(みやがわ まさこ)さん
2019年入社
駒澤大学卒業
国立店 ハウジングアドバイザー

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/07/17

※7/17更新※【お知らせ】2021年卒業 新卒採用の募集について

2020/07/16

第23期 経営計画発表説明会 – デジタルとリアルの垣根を越えていく革新時代

2020/06/24

【お知らせ】PRコラムページ開設