越谷店 植原 沙瑛さん「『街の景色、スポーツニュース、体験談』。日々の一つ一つが豊かな接客の糧になる」

2020年4月入社 越谷店 植原 沙瑛さん

笑顔に出会える仕事とは

人を笑顔にできる仕事がしたいと思っていました。どんな企業が合うのかまったく分からず、IT業界など、いろいろな業界の面接に行きました。

ところがどの会社も、人とのかかわり方については、私の求めているものとは違うように感じたのです。

どんな仕事であっても人のためになる部分はあると思います。

ただ、わたしが思う仕事の魅力は、『目の前のお客さまのために何かをする』ことだったのです。

そんなとき、不動産業界はどうだろうと勧められて、不動産会社を訪問し始めました。

住み慣れた越谷の新しい眺め

ハウスコムの本社はとても活気があり、あたたかい雰囲気でした。

そんな社風に惹かれると同時に、地域密着型の営業スタイルを取っていると聞き、興味を持ちました。

配属先は基本的に自宅から遠くない場所になるそうで(実際そうなりました(笑))、それなら、生まれてからずっと住んでいるこの越谷地域の知識が活かせるかもしれないと考えたのです。

最近は、車の免許を取ったので、車で街に出ています。

『どんな風に、この街の魅力をお客さまに伝えようかな』と日々意識するようになっていますが、さらに車から見る景色は新鮮で、いままで気がつかなかった街の新しい魅力をたくさん発見できるようになって、とても楽しいです。

雑談にも「豊かな知識」と「豊富な経験」が必要

社会人になって気がついたのは、お客さまと世間話をするのにも、知識や色々な経験が必要だということでした。

初めてのお客さまと話すときに、きっかけに出来る共通の話題は大切で、たとえばスポーツには全く関心がなかったのですが、流行っているスポーツなどを知っていれば会話も更に豊かになったのに、と思います。

越谷店の先輩たちを見ていると、皆さんとても臨機応変で、対面でも電話応対でも『そういう答え方もあるのか!』という発見がよくあります。

不動産のことだけではない、広く色々な知識や体験を持つことで、先輩たちのような一人前の接客ができるんだと感じたのです。

『あなたが担当でよかった』を目指す

先日、カップルのお客さまたちの接客をしました。

楽しそうに部屋を選んでいる様子を見ていると、ますます力になりたいという気持ちがふくらみましたね。

また、障がいのある方のご案内をしたときは、お客さまには、色々な状況や環境にあって住まいを探していらっしゃることを実感し、その方の状況にあった応対が出来るようになりたいと思いました。

いい部屋が見つかったときや入居されるタイミングなど、お客さまが喜んでくださる瞬間はとても嬉しいです。

一人一人のお客さまとコミュニケーションを重ね、信頼を得て、『あなたが担当でよかった』と言ってもらえるような営業になりたいですね。

リーダーシップをとれる自信をつけていきたい

学生時代は、サークルで幹部をしていました。

子供のころから学級委員に手を挙げたりしていて、人の中心にいるのが好きです。

場の空気を和ませたり、人を巻き込んで物事を進めることが得意だとも思っています。

一方で、慎重になりすぎたり、決断力がないところもあります。

今はまだ知識も経験も足りなくて、一人では仕事をこなせない状況ですが、越谷店の皆さんは分かるまで教えてくださるので、慎重になりすぎず、後輩が入ってくるころまでには自信と責任を持てるように成長して、リーダーシップも発揮できるようになっていたいです。

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/09/21

和光店 甄 蒙蒙(ケンモウモウ)さん「心をひらいてもらえるお部屋さがし、信頼される営業を目指したい!」

2020/09/14

中央林間店 池光 桜さん「色々な暮らし、街の顔、私の内面。未知の領域を日々探求中です!」

2020/09/10

浦安店 渡邉真人さん「社長になりたい理由は?厳しく指導してくれる浦安店で、まず成長!」