春日井店 杉本 舞依さん「広い世界へ旅したい!目の前の身近な心くばりも忘れません。」

2020年4月入社 春日井店 杉本 舞依さん

旅行業界志望から、不動産業界へ

最初は、旅行業界に興味がありましたが、就活相談で視野を広げることを勧められ、不動産業界にも目を向けたのが、ハウスコムに出会ったきっかけです。

就活では営業系を探していて、不動産業界は対面で接客・提案をする点で、旅行業界と似たところがあるかもしれない、と考えました。

意外だった座談会の中身

就活中に、「内定を受けるかどうか迷っていても歓迎!」というハウスコム主催の座談会がありました。

その頃は、まだ旅行業界に行きたいという想いもあり、迷いつつ参加したんです。

行ってみると、全く想像もしていなかった意外な内容でした。

6人が1チームになり、そこに入社3年目の先輩が1人入ります。そして、なんとゲームが始まりました。

『ワードウルフ』という嘘つきゲームをつかった自己紹介です。

その日のテーマは『みんなで仲を深め、仲良くなって帰りましょう』ということだったそうですが、不動産業界はもっと勉強会などをするようなイメージがあったので意外でした。

初任給、もらっていいの?

入社後、1か月半ほどオンライン研修が続きました。顔が映ることもなかったので、たとえば、朝起きてからすぐでも、パソコンの前に座れば研修が受けられるんですよね。

最悪着替えなくてもいいくらいで(笑)、あまり仕事をしたという感じもなく、初任給をもらった時には、「家にいただけなのにもらっていいのかな?」という気持ちになりました。

5月半ばからは、少人数で店舗にいくようになりましたが、これも毎日ではなく、3日に1回程度。

他社にいった友人たちが早々に仕事を始めているのを聞いて、焦るような気持ちになったのも確かです。

チームワークも素晴らしい春日井店

6月に配属された春日井店は、全員女性。とてもアットホームな雰囲気で、チューターさんがなんでも教えてくれますし、1聞いても5で返してくださるくらい親切なんです。

配属されて間もない頃、物件案内に行って、そのまま契約につながった事がありましたが、閉店ぎりぎりのご来店だったため、閉店作業で店内もバタバタとしました。

そんな中、店長、チューターさんはじめ、スタッフの皆さんが手伝ってくださり、手際よく対応をしてくださったのが印象的でした。

岐阜出身なので、春日井に初めて来たのは配属の日。

名古屋市内を希望していたので、最初に聞いたときは「遠い!」と思いましたが、名古屋は思ったよりすぐ近くなんですね。

今は、ここに配属されてよかったと思っています。

細かいところまで、心くばりを忘れずに。

接客で緊張するのは、お客さまと会話をするときの第一声です。

初対面では、個人的なことなど話しにくいと思うので、話しかけてみて、お客さまの反応をみながら、のってきてくれたら話し、話したくなさそうなら聞かない、など空気を読みながら進めています。

車のような個室空間になると、「実は…」という風に話してくださることがあるのは、距離感が近くなるからでしょうか。

意識して心がけているのは、細かい心配りをすること。

学生時代、接客業のアルバイトで店長に教わったことなんです。

お客さまの心の動きだけでなく、物件案内中にお客さまの靴を揃えたり、オフィスの空調が心地よいか、皆さんに確認したり。

小さくても、なにか出来ることがないか、細かい点を見つめるようにしています。

確実な知識をモノにするために、必要な「宅建の資格」

宅建の資格は、不動産を希望するなら、学生時代に取っておいた方がいいとは思います。

早く取るに越したことはないので、わたしも来年は取りたいですね。

ただ、仕事終わりの勉強は、とても眠くなります(笑)

いまは資格がないので、お客さまへの契約の説明ができません。

資格を持っていれば、それも自分で説明できるようになり、仕事の幅も広がるのだと思います。

いまは「たぶん」「おそらく」という曖昧な言葉で説明してしまうことも、確実な知識として話せるように成長したいという思いもあります。

あとは、そうですね、接客のアルバイトはしていてよかったですし、車の運転も慣れておいた方がいいと思いますね。

初めて通る道も多い中、お客さまを乗せて運転するのはとても緊張するので。

将来にむけて、広い視野を身につけたい。

いまやっていることは、全力でやっていきたいです。

ただ、自分が本当に力を注げることは何なのか、将来的に何を仕事にしていけるのか、という事は、視野を広げて考え続けていきたい。

これまで視野が狭かったことを反省しています。

高校からの友達と一緒に、『30歳までに100万円貯めようね。

貯めたら、パーッと贅沢な海外旅行に行こうね!』と約束しました。

ヨーロッパでもアジアでも国は何処でもいいんです。

ヨーロッパ、ドバイ、カンボジア、アメリカ大陸縦断、ハワイ…本当にどこでもいい。

友達と一緒に、贅沢な旅をする。いまはこの旅行に行くことが、わたしの働くモチベーションです!

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/11/10

新瑞橋店 石川 愛美さん「誰もが話したくなるコミュニケーション力で、120%の接客を目指したい!」

2020/11/09

上小田井店 松村 茉美さん「学生時代は意識しなかった『共通の話題』の大切さ。楽しい時間を提供したい。」

2020/11/05

勝川店 望月 祐衣さん「日々の小さな出来事からも、多くの学びとアイデアを得る、新人力!」