勝川店 望月 祐衣さん「日々の小さな出来事からも、多くの学びとアイデアを得る、新人力!」

2020年4月入社 勝川店 望月 祐衣さん

水色の看板に惹かれて

大学では、建築やインテリアを学んでいました。

不動産を目指していたわけではありませんが、いろいろな企業が集まる合同説明会で、ハウスコムの水色の看板に惹かれて、たまたま説明を聞きに行ったのが最初です。

その後、面接の雰囲気がとても良かったんです。

短い時間だったものの、話をしっかり聞いてくださって、自分のことを見てくれていると感じたことが決め手になりました。

オンラインの可能性を考える

オンライン研修は、初対面の方とzoomで話をするので、変な気分でした(笑)

研修内容は、分かりやすい資料を用意してくださっていたこともあり、充実していたと思います。

ただ、店舗で使うシステムなど、直接触れて体験することができなかったので、店舗に行って初めて使ってみて、「実際に触れられるとやっぱり理解度は違うね。」と話していました。

店舗での仕事がはじまり、物件のオンライン内見も大事なんだと感じるようになってからは、オンラインでの研修を経験していたからこそ実感出来ることもあると思い、体験しておいて良かったと思っています。

オンラインでは、お客さまが店舗に来られないからこそ出来るサービスであると思います。

オンラインで内見出来るという選択肢がある事は、お客さまにとっても安心だと思うので、より理解を深めて、新しい提案もしていきたいですね。

物件名だけでどの物件かわかる先輩方

勝川店の皆さんは、小さなことでも真剣に捉えてくださり、どんな事でも助けてくださって、ありがたいです。

この辺りは、名前は知ってはいたけれど通り過ぎてしまう地域のため、まだ詳しくはありません。

ただ、全く知らない地域というわけではないので、安心はしました。

配属前は、ただ大きな駅というくらいの印象でしたが、暮らしに必要なものはすべて揃っているし、雰囲気も温かいので、住む地域として人気がある理由もわかってきました。

先輩方を見ていると、物件の名前を聞いただけで、どんな物件か把握しているんですね。

知識があればあるほど、提案の仕方も変わってくると思うので、先輩方のようになりたいなと思っています。

同じ質問のはずなのに!

初めての接客は、とある週末でした。先輩たちが接客中で手が空いていなかった時にいらした、飛び込みのお客さま対応です。

「どんなお部屋を探していますか?」と聞いたのが最初でしたが、準備もできていなくて、聞く順番も分からず、とても緊張しました。

一人で対応をするようになって分かったことは、お客さまは質問したことにだけ答えることが多く、最初から簡単には何も教えてくれない、ということです。

その先、どうやって必要な情報を得るのかというのは、技量のいることだと学びました。

先輩たちの言葉選びを聞いていると、ほんのちょっと言葉を変えるだけでも、お客さまの反応は違うんですよね。

たとえば、私がお客さまからひと通り聞いたあと、店長も一緒に物件を探してくれたことがありました。

そのとき、わたしが引き出せなかったことを、店長は同じ質問で引き出せたりするんです。

質問の仕方でこんなにも変わるんだ、と思いました。

話し上手になって、楽しい雰囲気をつくりたい。

接客のアルバイトをしていたので、接客自体には抵抗はありません。

ただ、お客さまと長い時間お話をする機会はなかったので、長時間一緒にいても、不快感を与えないようにしなければと緊張します。

もともと人と話すのが得意ではないのですが、車内の沈黙など、お客さまが苦にならない程度に会話を楽しめるようにはなりたいですね。

もう少し楽しい雰囲気を作りたいなと思いながらも、物件以外のことを聞いてもいいのかなと、話の内容に迷いますし、話し始めるタイミングもつかめなくて。

どうしたらいいのかは、いまも模索中です。

最近では、話題に困らないように、共通の話題をもつために、今までよりニュース番組を観るようになりました。

ハプニングから学んだ責任感

先輩の代わりに物件案内に行くことがありますが、ある日、お客さまからイメージしていたのと全然違ったと言われて困ったことがありました。

他にも、現地にあると聞いていた鍵が行ってみたらなかった、というハプニングも。

そのときはすぐに店舗に電話をして助けてもらいましたが、案内に出るときには、お客さまのご希望がいまどういう状態なのか確認しておくことや、物件がすぐにご案内できる状況にあるか調べるなど、どんな事でも自分でしっかり確認して、責任を持って動くことが大事なんだと学びました。

私の家族が一人暮らしをするときに不動産屋さんにお世話になっていたので、不動産業界は人のためになる仕事だなと思っていましたが、実は、もっと簡単に部屋が決まっていくものと思っていました。

今すぐ店長になりたい!というような夢はないのですが、安心して仕事を任せてもらえる人になれるよう、のんびりマイペースで、自分なりに成長していけたら嬉しいです。

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/11/10

新瑞橋店 石川 愛美さん「誰もが話したくなるコミュニケーション力で、120%の接客を目指したい!」

2020/11/09

上小田井店 松村 茉美さん「学生時代は意識しなかった『共通の話題』の大切さ。楽しい時間を提供したい。」

2020/11/03

春日井店 杉本 舞依さん「広い世界へ旅したい!目の前の身近な心くばりも忘れません。」