「宅建試験に絶対に合格する!」 八王子駅前店 カスタマーサービススタッフ 林 里美さん 2016年新卒入社

八王子駅前店で活躍されている、新卒入社4年目の林さん。

2年間のハウジングアドバイザーの経験を経て、昨年度からカスタマーサービススタッフに職種変更しました。

彼女は昨年行われた宅地建物取引士試験にて、社内最高得点の47点でみごと合格されました。

合格の決め手になった勉強方法や、今後の目標についてお話をお聞きしました。 

今年の宅建試験、どんな気持ちで臨まれましたか?

宅建試験の受験は昨年が3度目で、資格学校へ通学せず、独学で試験に臨みました。

周囲からは通学を強く勧められましたが、以前も通学したけれど結果が出せなかったことを考え、学校へ通わない代わりに必ず合格してみせると宣言しました。

合格の要因は何でしょうか?勉強のコツを教えて下さい。

勉強を始めたのは昨年の4月からで、基本的には13時間、スマホアプリで過去問を、11年分解き続けていました。

本試験直前になって、1日缶詰になってじっくり勉強するということもなく、じっくりこつこつ型でも、短期集中型でもない私が合格できた最大の理由は、この「細く長く型」の勉強方法が私に合っていたからだと思います。

本社からの支えや、一緒に勉強する仲間がいたこともとても励みになりました。

どうしてもやる気が出ない日ももちろんありましたが、その日はテキストを流し読むだけにするなど、とにかくどんな形でも毎日宅建試験の勉強に触れることを続けました。

無事合格された今のお気持ちを教えて下さい。

1,2度目の受験時は、ただ資格学校に通うするだけで安心してしまい、自主的に勉強できていませんでした。

昨年は営業からカスタマーサービススタッフに職種変更したこともあり、今まで以上にプレッシャーもある中の受験勉強で、大変でしたが、「絶対に合格する」という気持ちは今までで一番強かったと思います。

これからは宅地建物取引士としても店舗のサポートができると思うと楽しみですが、まだまだカスタマーサービススタッフとしては未熟な点が多く、周りに助けられることばかりです。店舗の一人として活躍できるように今後も頑張りたいと思います。

取材後期

試験直後も、合格の手ごたえを確かに感じることができたとお話しされていた林さんですが、これまでの受験勉強の緊張が解けたのか、すぐ体調を崩してしまったそうです。

それだけ、今回の宅建試験に本気で向き合われた半年間だったのだと思います。合格、本当におめでとうございます!


林 里美さん
2016年入社
青山学院女子短期大学卒業
 八王子駅前店 カスタマーサービススタッフ

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/07/17

※7/17更新※【お知らせ】2021年卒業 新卒採用の募集について

2020/07/16

第23期 経営計画発表説明会 – デジタルとリアルの垣根を越えていく革新時代

2020/06/24

【お知らせ】PRコラムページ開設