2019年入社新卒レポート – 藤が丘店 池永 奈乃葉(いけなが なのは)さん

藤が丘店に配属されて約一か月経ちましたが、配属されてから現在に至るまで毎日のように分からないことが出てきて、常に新しい知識を学んでいる状態です。

私は、配属された当初は店長に車に同乗してもらい、物件確認や周辺環境の調査に向かうことが多く、その際に、店長と車内で話していて感じたことは、自分の一般常識のなさと、視野の狭さです。自分の意見だけではなく、人の意見も取り入れること。

自分が正しいと思っていても、相手がどう感じて、考えているのかを分かるような人にならないと、今後多くの色々な考えをもったお客様と接していく中で、柔軟な対応も出来ず、お客様に満足していただけるようなサービスを提供できないと教えて頂きました。

私が住んでいる家が藤が丘店の近くなのですが、店長にここの物件見てきてと言われ渡された資料に書いてある住所が、どこにあるのか分かりませんでした。

地域を紹介するアドバイザーとして、地域のことを全く知らないなんてことは、恥ずかしい以前の問題だと感じたので、まず私は、地図を買って、歩きながら自分の目で見て、周辺地域の勉強を今も続けています。

歩きながら、ここはお買い物できる施設が充実しているな、ここの道は、街灯もないし夜になったら暗くなりそうで、女性の方には心配だななど、もしここに自分が住むなら、そしてお客様が住まわれた時のことを考えながら周っています。

大家さんのご自宅に挨拶に伺わせていただいたときに、娘様と私の学生時代のころの学校が同じであったりなど、会話が弾み、大家様と親睦を深めることができて嬉しかったです。

店舗では、店長や先輩社員の方の会話の内容についていけなく、何を話しているのか全く分からなかったです。

最初は、自分の知識のなさを実感したのもあり、正直ついていけるのかとても不安で、毎日のように落ち込んでいました。

分からないことが多すぎて、質問が多すぎる私に対しても、忙しい中、店長や先輩方は、丁寧に教えてくださいます。

普段から先輩方が声をかけてくださり、電話応対のロープレにも付き合って頂いたり、大家さんの話や周辺地域についても話をしてくださることも多く、右も左もわからなくて焦っている私に、温かく接してくださる、店舗の方たちには感謝の気持ちで一杯で、時間をかけて私に教えてくださってる分を、恩返ししたいと思っております。

今はまだ、電話をとって、先輩にバトンタッチするだけで精一杯の実力しかありません。

自分自身が成長することが今の私に必要なことは確かですが、藤が丘店の一員として、店長と先輩社員の方々と共に、“藤が丘店”を成長させるために、貢献したいと思っております。


池永 奈乃葉(いけなが なのは)さん
2019年入社
名城大学卒業
藤が丘店 ハウジングアドバイザー

  • Share
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

オススメの記事

2020/10/15

【首都圏エリア開催】 長期インターンシップコース

2020/09/28

船橋店 治福 航さん「祖母も住んでいた船橋で、生まれる物語と共に接客中。」

2020/09/21

和光店 甄 蒙蒙(ケンモウモウ)さん「心をひらいてもらえるお部屋さがし、信頼される営業を目指したい!」